FC2ブログ
 
プロフィール
 

morimori.ynct

Author:morimori.ynct
森下功啓製作所のブログです。
電子工作のことや日々思ったことを時々気まぐれに更新しています。
趣味で作っているサイトはこちら

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

数学の集合や数列が役に立ったこと

 
2011/11/22(Tue) Category : 雑記
 数学の集合や数列について、高専時代に授業を受けているときには何の役に立つのかサッパリ分からなかった。今でも明確には言えないが、少なくともプログラミングをする上では役に立っている。数列の考え方はforなどの繰り返し処理で役に立つし、集合の考え方はifなどの条件付けを考える際に大いに役に立っていると思う。


 実際のところ、ソースコードをバグが少なく普通に書いた場合の10分の一以下の分量にすることができるかは、繰り返し処理をうまく文字に書きだせるかどうかにかかっている。そこでアドレスを数式で表すことができるかや収束がどのようになるかが重要となる。これが苦手だとあっという間にスパゲッティコードを書く羽目になる。

if文による条件分岐では、その考え得る全てのテストケースを頭に思い浮かべて紙に書き下し、所望する条件だけ取り出すという処理を実装することとなる。条件が複雑だとあっという間に深く間違えやすいネスト構造となってしまう。これも苦手だと妙に複雑なプログラムを書く羽目となる。



上記の例は集合や順列を学ぶ上で一つの動機付けにはなり得るのではないだろうか。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

航海実験

 
2011/09/03(Sat) Category : 雑記
2011年3月11日移行に起きた地震の調査の一環として行われた航海実験に参加してきました。
八戸から出向して太平洋へ向かいました。



太平洋で福島対応の採水もやりました。
水をかぶりましたが、かなりの沖合だったのでたぶん大丈夫です。


実験は東北大の木戸先生、長田先生、東大大学院DC過程の塩見さん、長岡技大の入江先生(師匠)と私(手伝い)で行われました。

木戸先生たちが震災前に設置していた海底マーカーの位置を**00万円くらいのGPS曳航ブイを使って5cm程度の精度で調べ、塩見さんは前日に捕獲したオオミズナギドリ(確かこんな名前)にGPSロガーを取り付けて放鳥し、入江先生が仙台湾の表層流をGPS漂流ブイを使用して調査しました。貴重な体験ですのでバンバン写真を撮りました。

GPS漂流ブイは、沿岸の携帯電話基地局がまだ回復していないこともあって十分に実力を出し切ることはできませんでしたが面白いデータが取れましたし、課題も浮き彫りになったいい実験でした。



 ところで、私は太平洋から上って太平洋に沈む太陽を初めて見ました。また、北海道の函館まで40km程度まで接近したので人生の最北端を更新です。長田先生は南氷洋まで行ったことがあるとのことでしたので・・・世界広しと改めて思った次第です。世界中を旅した方と話すと自分が殻にこもっている気になります。あー飛出したい。




実験スケジュールは台風対応のため2転3転しましたが何とか無事に終了することができました。
同じ船を使用した次の実験にはかなりの影響が出るようですが、どのみち台風で太平洋は大荒れ・・自然は厳しい。写真も近いうちにアップしたいと思います。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

マイコン制御を信じない小学生

 
2011/08/06(Sat) Category : 雑記
もう4年前になるけど、公園でロボットカーを走らせていた際、近くにいた小学生数名が話しかけてきたことがあった。

彼らはニンテンドーDSかPSPかで遊んでいたが、その中身と同じようにロボットカーは自動で制御していると説明しても「うそだ~」と信じてくれなかった。リモコンも何も持ってなかったのにね。


例えば、信号機は人間が切り替えているとは考えてはいなくてもそれはそういうもんだと思い込んでいるのと同じだ。アフリカの水不足を聞いたとある小学生が蛇口を付ければ良いと発言したらしいがそれと同じだ。インターネットがどのようにして利用できるのかを考えもしないことと同じだ。自動車の通る道路を誰が舗装するのか、だれが金を出しているのか考えないのと同じだ。捨てたごみがどこに行くのか考えもしないことと同じだ。携帯電話がどのような原理で遠隔地と通信できるのかを考えないのと同じだ。物が燃えるのを当然と考えるのと同じだ。

そして、海には既にプラスチックゴミが堆積していることを知らない・考えないことと問題は恐らく同根だ。


4年前は科学立国なんて無理やと思ったもんだけど、今はどうなんだろうか。


と、ここまで書いて2年前に参加した自然体験セミナー(2泊3日の自然体験塾で大勢の小学生が参加する)の引率をやらせてもらった際に、参加した子供達全員がアメンボを見たことがないと言ったことを思い出した。彼らはクモ(ザトウグモに近い)を見て、何とアメンボと言ったのだ。。。両者は外見上も動きも分類上も全く異なる生物であるにもかかわらず。。。

これは勉強が忙しいとかいうレベルの問題ではない。



今は…たぶん変わってはいないだろう。


科学立国を目指すためにとりあえずテレビを夜9時以降は停波させビデオゲームは価格を10倍に吊り上げることから始めよう。テレビを見たりゲームする時間がどれだけGDPを引き下げるか。。。そんな時間があれば外で遊んだ方が断然良い。このままでは文学も科学も廃れてしまう。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

初心者が組み込み開発でぶつかる壁 その1

 
2010/12/05(Sun) Category : 雑記
最近思うところが有り、初心者が組み込み開発でぶつかる壁について整理しようと思いました。
今後散発的にメモるつもりです。


ここで云う壁とは、どんなキャリアを歩んできたかによって異なるとは思いますが、一例と思って下さい。

また、取り組み方が能動的か受動的かによってもぶつかる壁は異なります。
受動的な者に対しては「組み込み」「マイコン」「回路」「アナログ」「デジタル」「電気」「電圧」「計測」「プログラム」の全てが壁であって議論の対象になりません。



取り敢えず自分のことを思い出してみます。

私が初めてマイコンに触れたのは高専2年生の時です。
この時、システム研究部でC言語の基礎の基礎は身に付けています。

私が始めにぶつかった壁はPICのアセンブラです。
取り組んでいたのはLEDを使った信号機のミニチュア版でした。
プラットフォームはMPLABと秋月のPICライタです。
機械電気工学科では計算機工学なんて習いませんでしたから、命令セットの意味が分からず大変だったのを覚えています。
LEDチカチカまで2か月もかかってしまいました。
特にウォッチドッグタイマにをOFFにするコツには1週間気が付きませんでした。
一旦出来ると、後は早く理解が進みました。
アセンブラを丁寧に説明してくれているサイトが有って有難かったです。



この後は暫く組み込み系からは離れてしまいました。
マイコンから離れている間はVBやVBAを使って色々組んでいました。



次にマイコンでぶつかったのはプログラミング言語であるC言語の文法でした。
これは4年生で組んだ温度計測回路でのことです。
AKI-H8を使ってプログラムをコンパイルし、PC側での観測プログラムを組みました。
PC上で動くプログラムはVBで組んでいて、全く苦になりませんでした。
C言語は1年生の時からやっていなかったので忘れたと言いたい所ですが、#defineや#includeの文法上の意味や文字列・ポインタが分からなかったのでそれ以前の問題でしょうか。while文の使い方も分かっていなかった位なので参考にならないかも。
この時はカーニハンのC本が参考になりました。
これで#define等のお呪いはお呪いでなくなりました。
ただ、AKI-H8のコンパイラの使い方は直ぐに忘れました。
Makefileの作り方がさっぱりだったのでサンプルプログラムを変更しながら課題に対応しました。



5年の時は4年の経験を土台に通信とかロボット制御とかやっていましたが、回路に対する基本的な取り組み方は変わらなかったので壁はありませんでした。

ここまで、回路設計や計測のやり方などは試行錯誤すれば何とかなりましたので壁とは感じませんでした。
5年生の時に生物の学生に回路設計を教えたことが有りましたが、この方は始め電圧の概念がしっくりこないようでした。この場合は当たり前ですね。



専攻科ではベストテクノロジーの便利なGDLに開発環境が変わりました。
おかげでMakefileの煩わしさとはおさらばして、最近まで忘れていました。








と、ここまで気が付いたのですが、分析が足りない様な?
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。