プロフィール
 

morimori.ynct

Author:morimori.ynct
森下功啓製作所のブログです。
電子工作のことや日々思ったことを時々気まぐれに更新しています。
趣味で作っているサイトはこちら

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

観測値って、サンプリング周期と生の観測値を処理するアルゴリズムも関係するね

 
2012/03/27(Tue) Category : 原発事故
ちょっと前の週刊ポストに、低価格放射線量計測器(ガイガーカウンタ?)はあてにならんと書いてありました。内容をよく読むと、値がよくばらつく上に高級機種(観測原理も違う)に対して最大2倍の値を示したとか。

それって、「少なくとも~μSvだった。」とは言えるよね。
また、同じ観測機でもサンプリング周期とサンプル値の処理の仕方で表示値は変わるので、安い機種は使えないとは言い切れないはずです。

実験をやったことがある人ならわかると思いますが、放射性物質から放たれる放射線は乱数源になり得るほどランダムに出ます。連続して出ることもあれば余りでないこともあって気まぐれで予想ができません。そんなものを計測して値を出すのですから、移動平均とか算術を使って何らかの平均的なものを出す処理が必要です。

要するに、高級機種は単にサンプリングレートが遅かっただけかもしれないわけです。


なんにせよ再現性さえあるのであれば安い機種でも定性的には計測値を示すことができます。また、線量の細かい分布を調べることはできるので、国が計測した分布と比較する形で校正さえすれば定量化までできてしまう。別に安くても悪くはない。手間がかかるけど。




ところで、件の特集号では「放射能デマを暴く」みたいな挑戦的サブタイトルが付いていました。食品安全委員会が見つけきれなかった食品の安全性を担保するような先進的研究成果を見つけたのかと思ったら単に計測器が信頼できないとか昔は結構セシウムが身の回りにあったとかそういう記事でした。がっかり。しかも311後の計測値が載っていない方対数グラフが掲載されていたのでさらにがっかり。



 話題が異なるのだけど、今進められているストレステストについて一言。
最近、「予想される地震によって引き起こされる揺れの最大値の1.8倍まで耐えられる」とか発表されていますね。でも柏崎で起きた地震の時は軽く2倍を超えていたような…。加速度に対する推定精度がどの程度なのか示さないとこれって判断できませんよね。1.8倍とかいう数字にはどの程度の幅があるのでしょう?新聞にも載っていませんし、気になります。
関連記事
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。