プロフィール
 

morimori.ynct

Author:morimori.ynct
森下功啓製作所のブログです。
電子工作のことや日々思ったことを時々気まぐれに更新しています。
趣味で作っているサイトはこちら

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

ArduinoでSDカード内にファイルを作出してみた

 
2011/07/14(Thu) Category : 電子工作
ArduinoでSDカード内にファイルを作出してみました。

ボードには3.3Vで駆動する328 pro板を使っています。
コネクタは間に合わせですがw。
DSCN4129.jpg




昨年の年の瀬にリリースされたArduino IDE 0022でSDカードに関するサンプルプログラムが標準対応となったそうです。
このマイコンに手を出すタイミングは良かったかもしれません。


で、使ったみた感想ですが、猫も杓子もArduinoと言う訳だと思いました。
簡単にファイルの作成と読み出しができました。
サンプルコードを見ても分かり易く、簡単に応用できそうです。



5年前はI2Cで制御するEEPROMがせいぜいでネット上ではMMCカードを取り扱った日本語サイトが数件あるだけでした。
当時は仕方がないのでMMCの通信プロトコルを勉強してSPI通信で独自ファイルフォーマットを決めてがりがり制御することに。
当時、既にH8マイコンからUSBメモリへ直接アクセスする方法もあったらしいですがその辺はタッチしていません。
高級マイコンは実装面積も大きいし電流もガバガバ食って環境計測には向いていなかったので。。。
SDカードへデータを保存できるようになったのでメモリ量の心配はなくなったのですが今度は通信速度がネックに!
例えば、GPSのNMEAログを取るとシリアル通信速度の限界から読み出しに半日もかかるということにイライラしていた。
SPIでFAT制御するのはムズカシカッタノデス。


FATでファイルをアクセスできるのでPCに接続して即データを回収できます。
これからはイライラから解放されると言う訳です。
Arduino万歳! Arduino万歳! Arduino万歳!





でも速さが欲しいときもあるよね?
ARM版のARMduinoって出ないかな!?

と思ったら、mbedというシリーズが出ている。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03596/
これはARMマイコンを搭載したボードで、メーカーが専用のコミュニティを立ち上げているとのこと。
このコミュニティが上位Arduinoになり得るポテンシャルがありそうです。

でも、オープンハードウェア化とオープンソース化をもっと押し進めないとダメっぽい。
さらに実験ボードの一般化が進まないと広まりはしないだろう。
Arduinoのシールドを積極的に利用できるようにマイコンボードを設計すればArduino人口がそのままユーザーになる可能性は高い・・・というか、個人的にそうなって欲しいと思う。

Arduinoが実現した世界をARMの世界でも起こして欲しい!
折角機能が多く、タイマもたくさんあって実行速度も速いのだから1つか2つのタイマを高速で回して、全てのライブラリがソフトウェア割り込みを利用するようになれば汎用性は確保できると思うのだがどうだろうか?
関連記事
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。